1人ブラック営業。実働10時間施術に入ると動機がして死ぬかと思った。

リラクゼーションサロンで働く
スポンサーリンク

10時間施術をするのは辞めましょう。

フラッフラになります。

2時間コース5人って考えたら

なーんだ!楽勝じゃん!って思う方もいるかもしれませんが

いや本気でしんどいよ!

最後の方なんて気力で乗り切った。。。って感じでお客様に申し訳なかったです。

リラクゼーションって傍から見ると華やかな世界みたいです。否定したい

各協会、スクール関連、メーカー、広告などの影響だと思います。

頑張ろう!と思えばお店の営業時間内であればいくらでも施術できます。

それを良しとしているお店も多いです。

しかし!リミットを付けないとカラダがぶっ壊れますよ( ; _ ; )

施術中に心臓がバクバクしてきて

腕が震え始め

だんだん意識が遠くなる中で気力で踏ん張る。

ただ中々身体が思うように動かない。

どうにか誤魔化しながら施術をする。

途中バレないようにキャラメルを口に入れる。

やや回復。

しかしお客様をお見送りした後立っているのも困難に。

しばし寝る。復活。

自己責任ですが無謀でした。

低血糖症だと思うんですがこんなにカラダが動かないのか?!っと思うほど。

大手サロンだと難しいかもしれませんが線引きをしないといけませんね。

スポンサーリンク
たのまな

1日の施術人数・1週間の施術時間

まり姉はフラフラ体験から

  • 平日4人以下
  • 土日5人以下

とルールを決めています。

一人あたりの平均コース時間が90分なので

平日は6時間
土日は8時間以下

実働時間なのでカウンセリングと雑務やらを含めると多少増えますがこのルールにしてから身体は楽です!

私が以前勤めていた大型サロンは休憩も無くご飯も食べれず最高9人、実働11時間施術しました。

完全ブラック!でも売上の為パスなど出来ない。。。(代われるスタッフすらいない)

朝の10時から夜終わったのは23時30。

この時は他のスタッフが受付などをしてくれたので、自分は施術のみに集中出来たけど

おにぎりひと口食べて捨てるなんてしょっちゅうでした。

経営者はスタッフの事なんて考えてもくれません。

自分の身は自分で守るべし!

コメント