脱!ホットペッパー依存。掲載を辞める事のメリットとデメリット。

スポンサーリンク

今日は決意表明でございます!

ホットペッパービューティをネット予約として利用してきましたが

別の予約システムに切り替えようと決意しました。

リラクゼーションサロンはホットペッパーに掲載していないと怪しまれる。ってこともあるんですが挑戦してみます。

この業界にきてホットペッパーから離脱するのが初めてのまり姉。

ドキドキです。

スポンサーリンク
たのまな

ホットペッパービューティーを辞める理由

ホームページが検索上位に来ているので広告媒体を使わないと売上がどう変動するか?を試してみたいのです!

後は金銭面ですね!

来年は消費税も上がります。その分掲載料も高くなるわけです。

後小耳に挟んだ。大きな声では言えないけど春先に掲載料が上がるとか…

事前にお客様にも確認。

ホットペッパーを登録したのはこのお店に行きたいから。(ホームページのネット予約へのリンクはホットペッパーを貼り付けていました。)

っと言う理由が1番多く

美容院やエステ、ネイル、マツエクとかでは使っていないっと言う声が多かったです。

年齢層や地域にもよると思います。

いきなり告知無しに掲載を辞めてしまうのは如何なものか?!っと思い3ヶ月を目安にお客様にご案内していきます。

なんで3ヶ月なのか?!っというと来店頻度から考えてこのぐらいの期間があればリピーター様だけではなく他のお客様にも認知してもらえるかなぁっと。

ではホットペッパービューティを辞めることのデメリットとメリットをざっくりまとめて見ました。

デメリット

サロンを発見しにくい。

 

リラクゼーション行こうかなぁ?

っと考えたらまずホットペッパー内で検索する人が多いと思います。

その為集客と行ったあらゆる面で露出が減るのでお店を思い出す機会もなくなります。

ポイントが使えない

ホットペッパービューティはリクルートポイント、Pontaポイントが店頭で利用出来ます。先月から上限利用ポイントが変更になり一度に10万ポイントまで利用できるようになりました。

高い値段設定のお店の場合はポイントを上手に活用して利用するお客様が多いのでこのメリットが使えなくなります。

もちろんお会見時にもらえるはずの2パーセント分のポイント還元もありません。

ホットペッパーで予約が出来なくなるのは利用者側からすると金銭的なデメリットが目立ちますね。

余談

お店独自のポイントカードを魅力あるものにするのも1つかと思います。

今までの顧客情報が無くなる

何より痛いのが今までの顧客履歴です。インポートは出来るけどダウンロードは出来ないんですよね。

手打ちで必死に別の顧客管理ソフトに移行しなくてはいけません。

ざっと1000件です。丸一日パソコンの前にいれば終わりそう。。。

メリット

掲載料金とネット予約料金がゼロになる!

毎月支払い金額が5万円前後かかっていたのでこれがゼロになるのはお財布的にも嬉しい♡(売上が下がる恐れがありますけど)

お客様に他店舗紹介などのメールが届かなくなる

ホットペッパーを利用すると他のお客様はこんなお店に行ってます!みたいな紹介メールが届きます。

これが実はかなりの厄介モンです。

だって他のお店の宣伝しちゃってるわけですよ?

うちのお店を利用したのに。納得いかないっす。。。

安易に予約するお客様が減る

お店にとっては長く安定した付き合いが出来る質の良いお客様を集客したいってのが本音だと思います。

ホットペッパーだと気楽に予約が取れるので無断キャンセルなどが目立ちます。

私も一時無断キャンセルラッシュにあって意気消沈した事があります。

予約回数制限を設けることが出来ない

無断キャンセルとは違いますが同じお客様が複数回予約できるのがどーも引っかかってました。

予備で何日間か予約取れちゃうんです。事前にキャンセルをして来る日を確定してくれますが土日にそれをやられると他のお客様の予定も立たないので逃してしまいます。

これはリクルートに相談しましたがお店側で対応するしか策はないと言われてしまい該当するお客様にはお伝えしたのですが

「だって1週間前だともう予約いっぱいで入れないじゃない?」

むむむ。すいません。。。

リクルートの面倒くさい規定に縛られなくなる

お店とお客様の間にリクルートが入っているので

お店側が守られる部分ももちろんありますが

お店側が不利になる事ももちろんあります。(お金払ってるのにね。)

例えばですが

お店側の機能としてブロック機能(予約が出来ないようにする)が無い。

たまにいるじゃないですか?

来るお店を間違えてる人。

そーいった人に直接「来店拒否」などを伝えると私たちの身の危険もあり

やはり言えない事が多いんですよね。

そーいった方からの予約を受付ないようにするには毎度サロンキャンセルと言う手間が必要になってくるわけです。

またこのサロンキャンセルはお客様にきっちり説明してから行って下さい。っと言うのがリクルートのお約束。

ノォォォォォ!!!!!(心の叫び)

っとだらだらとホットペッパーの悪口になってしまいそうなのでこの辺で打ち止め!

まとめ

ホットペッパー依存から脱出するにはホームページが重要になってきます。
もちろんリピーター様の獲得も大切です。

リピートする仕組みも今より強くしていかなければなりません。

ちなみに11月頭にお客様には一斉に送信し今は1割のお客様が新しいシステムに登録してくれました。

まだまだ時間がかかりそうだ・・・。

 

次はホットペッパー以外に使えるネット予約をまとめてみます!

コメント